MENU CLOSE
新規
会員登録
お問い合わせ

疼痛領域(がん疼痛含む)

「がん治療期の痛みのための緩和ケア・支持療法」
CancerPain WebSeminar

久光製薬株式会社主催のWeb講演会情報です。Web講演会の動画は、会員登録後にご予約・ご視聴いただけます。

  • 2022年10月24日(月) 19:00~ 20:00
    東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部/麻酔科・痛みセンター 部長・准教授
    住谷 昌彦 先生
  • 講演要旨

    がん患者は、進行がん~臨死期だけでなく、初発時~がん治療期間にも痛みの罹患率が高く、加えて、がん寛解後サバイバーにもがん治療に起因する痛みが遷延していることから、がん患者・サバイバーの痛みをがん性疼痛(cancer-related pain)として包括的に理解し積極的治療の対象とすることが求められる。
    がん治療の進歩からがん治療期間は年単位に経過することが通例となってきたが、痛みはがんの予後を規定する独立した因子の一つに挙げられ、その適切なコントロールが重要である。がん性疼痛(cancer-related pain)の取り組みの中で、世界保健機関(WHO)の3段階鎮痛ラダーとして分類される第1ステップ薬(NSAIDs 他)と第3ステップ薬(強オピオイド鎮痛薬)には貼付薬があり、その位置付けと使用方法について議論する。
    • 視聴予約をしていただくと開催当日に告知メールを配信します。視聴予約をいただかなくても開催当日に本ページからご視聴いただけます。この動画はzoomでの視聴となりますので、事前にインストールをお願いします。

    zoomのインストールはこちら 視聴に関するお問い合わせはこちら

関連動画

Web講演会
ご視聴でお困りの場合は「久光製薬株式会社 お客様相談室」 へお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ:フリーダイヤル:0120-381332
※受付時間/9:00~17:50(土日・祝日・会社休日を除く)
医療関係者向け情報サイト Hisamitsuサポートウェブ

あなたは医療関係者ですか?

このサイトは、弊社が販売する医療用医薬品を適正にご使用いただくための情報提供をしています。
一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

×

使用可能記号

名前記号名前記号
角括弧[]イコール=
括弧()チルダ~
バックスラッシュ¥パイプライン|
スラッシュ/アットマーク@
ハット^セミコロン;
ダブルクォーテーション"コロン:
エクスクラメーションマーク!カンマ,
ハッシュ#ピリオド.
ドル$バッククオート`
パーセント中括弧{}
アンパサンドプラス
アポストロフィー'アスタリスク*
ハイフン-クエスチョンマーク?
アンダースコア_大なり>
×
×